トップ 最新 追記

That's 談  :: フリーランス翻訳者のつれづれ日記

2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|05|12|
2008|01|

2006-06-11 (日)

スポーツ 野球ファンはつらいよ


交流戦も残りわずかとなった。最初は新鮮に感じていた戦いも、少々飽き気味である。36 試合をこの時期に一気にやってしまうのは、ちょっと期間的に長すぎるような気がする。5 月の中旬から 18 試合(3 週間)、8 月中旬から 18 試合(3 週間)の前期、後期に分けたらどうだろう。後半戦にまた山場ができておもしろくなると思う。

野球人気が低迷してると言われているが、まだまだ根強いファンは数多くいる。最近、野球ブログランキングで、いろんなファンのブログを読んでいるのだが、野球ファンは 2 つのタイプに分かれるような気がする。1 つは、負けても負けても、温かい目で選手たちを見、明日の勝利を信じて声援を送るタイプ。もう 1 つは、勝っても負けても、厳しい目で選手、采配、試合運びを批評するタイプ。たとえ、ひいきのチームが勝っても、あそこであと 1 点とっておかなければとか、あの場面で代打は、○○ではなく○○を送るべきだったとか、ピッチャーの○○は、何とか抑えたけど、今後が不安だとか、素人評論家と化するのがこのタイプである。このタイプは野球に詳しく、そして何より自分が応援するチームが好き過ぎるのである。私も、後者のタイプである。

このタイプは、熱烈なファン過ぎるため、試合の結果が生活に大きな影響を及ぼす。応援しているチームが勝てば、スポーツニュースを片っ端から見、スポーツ新聞を買って勝利の余韻に浸る。とっても楽しいひとときを送れるのであるが、負けたときは、ひどく落胆し、腹が立つ。気分も晴れない。連敗が続くと、もう最悪である。ジャイアンツが連敗している現在、まさに私はこの状態である。野球ごときに、生活が左右されてはいけないと思うが・・・。まあ、これはどこのチームのファンでも同じだろう。本当に困った人種だ。野球にまったく興味がない人にとっては、まったく理解不能だと思う。

FIFA ワールドカップがついに開幕。明日はいよいよ日本がオーストラリアと戦う。これからしばらくは、W 杯モードに突入。がんばれニッポン!

0 へぇ0
へぇ〜と思ったぶんだけ [へぇ] ボタンを連打して、[送信] ボタンをクリックしてください。

2006-06-12 (月)

スポーツ 日本負けちゃったよ


日本、豪州にまさかの逆転負け。ほぼ勝利を手中に収めながら、後半 39 分に同点。そして、後半 44 分に逆転。野球で言えば、9 回 2 死からサヨナラ負けって感じやね。これで、決勝トーナメント進出は厳しくなったけど、WBC みたいに奇跡が起こるってこともあるわけだから、あきらめずに最後まで全力で戦ってほしい。

最近知ったことで、へえ〜と思ったことがある。ブラジルのロナウジーニョって、本名はロナウドというらしい。ブラジルには、超有名なロナウドという選手がいるため、ニックネームとしてロナウジーニョを使っているとのこと。ロナウジーニョは、「小さなロナウド」という意味らしい。こんなのサッカーファンにとっては常識中の常識?

5 へぇ0
へぇ〜と思ったぶんだけ [へぇ] ボタンを連打して、[送信] ボタンをクリックしてください。

2006-06-23 (金)

雑記飲食 シロゴハンクダサイ


世の中には、異常に米が好きな人がいる。米を食べないと、食事をした気にならないという人たちである。うどん定食、焼きそば定食、ラーメン定食などは、食事とは必ずご飯を食べるものだと思っている人たちのためのものだろう。この炭水化物 + 炭水化物の組み合わせは、私にとっては信じがたい代物なのだが、スパゲティをおかずにご飯を食べたりする人もいるというから驚く。関西では、お好み焼き定食などというとんでもないものも存在する。それから、酒を飲みながらご飯物を食べる人も信じられない。

私はというと、米粒を食べなくてもまったく平気な人種である。日本人としては希少人種であるかもしれない。たまに、白いご飯と海苔と味噌汁というシンプルな食事やおにぎりを欲することはあるが、米を食べないと我慢できないということはない。自際に、米粒を食べるのは、1 週間にせいぜい 2 〜 3 食だし、まったく食べなくても平気だ。

サラリーマン時代の顧客に、B というアメリカ人がいた。この B という男は、白ご飯が異常に好きな変わった人間であった。どんな高級な店に連れて行っても、必ず「シロゴハンクダサイ」と言う。酒を飲んだあと、食事の締めとしてご飯を注文するのでなく、いきなり白ご飯を注文するのである。目の前に並んでいるいろいろなおいしいものよりも、白ご飯を好んでいる様子だった。いちばん驚いたのは、寿司屋で白ご飯を注文したときだった。寿司を食べながら、白ご飯を食べる。う〜ん。ありえない。いくら米好きの日本人でも、寿司と白いご飯を一緒に食べる人はいない。チャーハンをおかずに白いご飯を食べるようなものである。日本人にとっては、酢飯であろうが、チャーハンであろうが米は米なのだ。

日本人にとっての米と欧米人にとっての米は、位置づけがまったく異なる。日本の食事は、ご飯 + おかずという概念に基づいている。食事はご飯を主体とし、それを補うものとしておかずが存在する。ところが、欧米人にとっての米は、サラダ、煮物、吸い物と同じレベルのものであり、単なる一品料理にしか過ぎない。日本では米が主食、欧米ではパンが主食という言い方をよくするが、これはちょっと違うような気がする。欧米人にとってのパンと日本人にとっての米は位置づけがまったく異なる。日本人は、ご飯 → おかず → ご飯 → おかず という食べ方をするが、彼らはパンを食べながらおかずを食べることはない。パンもほかの料理と同列なのである(と思う。実際に、欧米のレストランでは、パンは前菜のような扱いである)。したがって、おかずという概念がないのだろうと思う(実際に、「おかず」に相当する英単語はない)。だから、コーラを飲みながら寿司を食べるなんてことができるのだろう。

日本以外にも、韓国や中国などのアジアの国では、主食(米)とおかずという概念があるが、このあたりの食文化の違いも、アジア人と欧米人の思考の違いの要因になっているのだろうか。

16 へぇ0
へぇ〜と思ったぶんだけ [へぇ] ボタンを連打して、[送信] ボタンをクリックしてください。

2006-06-29 (木)

飲食雑記 永谷園の焼きラーメン


最近コマーシャルでよく見る永谷園の焼きラーメン。焼そばとどう違うの?という疑問があり、一度食べてみたいと思っていた。醤油とんこつ味のほうを買って食べてみたが、微妙な味だった。確かに焼そばとは異なるが、いまひとつ中途半端な味。人の好みはいろいろだから、うまいって言う人もいるだろうけど、これはたぶん流行らないんじゃないかな。

今週からスポーツクラブに通い始めた。以前から脇腹に違和感があり、検査をしてもらったところ腎結石と診断されたからだ。治療方法は、水分を取り、野菜を食べて、運動をすることらしい。散歩でもいいとのことだが、こう暑くては散歩なんてやってられない。金を払ったら、行かないともったいないという気持ちが働いて、当分の間は続けられそうな気がする。しかし、長く続けられるかどうか、ちょっと不安。

1 へぇ0
へぇ〜と思ったぶんだけ [へぇ] ボタンを連打して、[送信] ボタンをクリックしてください。

2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|05|12|
2008|01|

     2006 年の最初から読む
トップ 最新 追記

RSS feed meter for http://kunishiro.sakura.ne.jp/diary/ ブログ検索エンジン ブログランキング・にほんブログ村へ